石山宏一の新語ウォッチング

いまいちばんホットな英語の新語を、皆様にいちはやくお届けします!

桐蔭横浜大学客員教授 石山宏一
石山先生のプロフィール  
<第115回> Updated February 2, 2015 更新日:2015年2月2日

今月の新語ファイル

和英編 さとり世代 an enlightened generation

さとり世代」とは、最近の若者(10代後半から20歳代)を形容した言葉で、「堅実で、高望みをしなく、将来を見通して現実を悟ったような考え方をする現代の若者世代」を指す新語(注1)。この新語は2010年1月頃にインターネットで造語され、最初はネット掲示板「2ちゃんねる」で元日本経済新聞記者の故・山岡拓氏の著書『欲しがらない若者たち』を語るスレッドからであった。そのサイトで1人が「さとり世代」と書き込むと、「いい言葉!」「面白いフレーズ」等の書き込みが殺到し、あっという間にネットで拡散した(注2)。

その後、2年前の春頃から『朝日新聞』等の主要マスコミもこぞって取り上げため、一気に全国で広まった。この新語は2013年の新語・流行語大賞にノミネートされた。

上記の山岡氏の著書によると、今の若者は「車に乗らない。ブランド服も欲しくない。スポーツしない。酒は飲まない。旅行しない」等「ない、ない」づくしであるという。また、男女関係についても「恋愛には淡白」との由。つまり、非常に若くして大人びており、結果のわかっていることには手を出さないし、今風に言えば「草食系」で、過程よりも結果を重視する世代である。それでは何故にこうした「草食系」気質になったのであろうか。

それには主にこの世代の生まれ育った時代背景がある。この世代は主に1980年半ば以降に生まれ、現在の年齢は10代後半から20代である。つまり、2000年代から10年までの学習指導要領で小、中、高等学校教育を受けた「ゆとり世代」と年齢的にほぼ重なる世代である(注3)。この世代の若者は物心ついた時にはバブルが崩壊し、景気は後退していた。一方でネットが普及し、自ら足を運ばなくても欲しい情報が手に入る環境を享受してきた。つまり、この「さとり世代」は「不景気しか知らない、デジタル・ネイテイブ (digital natives)」なのである。

この結果、博報堂若者研究所リーダーの原田曜平氏によると、「『ゆとり世代』はダメな若者を指す言葉になったが、『さとり世代』はゆとり教育を受けつつ、さらに勉強をし、現実的な将来を見通す賢い集団である。だからこそ、結果をさとらざるを得なかった]という(注4)。筆者も大学教員のはしくれで、こうした「さとり世代」の若者に日々接しているが、その覇気のない若者の背景に、このようにして育った環境があったことに妙に納得がいったのである。

さとり世代」の英訳語であるが、色々調べた結果、適訳語としては a generation of spiritual enlightenment、あるいは spiritual をとって a generation of enlightenment、もしくはan enlightened generation が挙げられよう(注5)。これは「さとり」を英語では spiritual enlightenment、あるいは単に enlightenment と言うからである。

ほやほやの新語ということで訳例は僅かしかなかったが、『朝日新聞』の英文デジタル版が2014年5月7日付けで 'Vox Populi: ‘Enlightened generation' emerges from prolonged recession' とタイトルを付けた記事で、“...What reminded me of the buoyant mood is the term “satori sedai" (enlightened generation) that I recently learned... ”と enlightened generation を使っていた(注6)。また、英語の Wikipedia (the free encyclopedia) が、Satori と見出しを付けた記事で “Satori...is a Japanese Buddhist term for awakening, “comprehension, understanding." ...Satori and kensho are commonly translated as enlightenment..." とsatoriの訳語として enlightenment を使用していた(注7)。

注1) 『朝日新聞』(紙版)2013年3月18日朝刊、39面「さとり世代浸透中/車乗らない、恋愛は淡泊…」と『現代用語の基礎知識2014』(紙版)(自由国民社、2013年刊)504頁、1155頁の「さとり世代」参照。また、オンラインフリー百科事典『ウィキペディア』の「さとり世代」参照(このHPは http://ja.wikipedia.org/wiki/ であるが、記事のURLは長すぎるため割愛した(2015年1月28日時点)。他にTBSラジオ2015年1月12日午後10:00~午前1:00、「荻上チキ Session 22『成人の日社説読み比べ(後藤和智さん)』」とNHK解説委員室「視点・論点」(オンライン版)「“さとり世代”の本音」(http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/400/173883.html) (2014年1月28日時点)を参照。
注2) 上記の『朝日新聞』とNHK記事参照。上記の博報堂の原田曜平氏によると、「さとり世代」は、正確には2013年時点で19~30歳を指すとされる。
注3) 同上。また、「さとり世代」は「ゆとり世代」の次の世代とする説もある(『現代用語の基礎知識2014』(紙版)1155頁「さとり世代」参照)。
注4) 同上。
注5) 日本最大で最新のオンライン辞典 Weblio(無料)や同「英辞郎」(アルク)には「さとり世代」の項目がなかった(2015年1月28日時点)。もちろん、市井の紙版の和英辞典には「さとり世代」の項目はない。
注6) See the Asahi story (http://ajw.asahi.com/article/views/vox/AJ201305070046). (Seen on Jan. 28, 2015)
注7) See the Wikipedia story (http://en.wikipedia.org/wiki/Satori). (Seen on Jan. 28, 2015)




本を探す

Google

サイト内 Web全体

Category(書籍カテゴリー)

  • 英語

    • 英和・和英辞典
    • その他英語辞典
    • 図解辞典
    • TOEIC
    • 英単語
    • 児童英語
    • コーパス
    • 英語学習法
    • その他語学書
  • 中国語

    • 辞典
    • 語学書
  • 韓国・朝鮮語
  • イタリア語
  • フランス語
  • ドイツ語
  • スペイン語
  • ポルトガル語
  • ロシア語
  • アラビア語
  • タイ語
  • その他の言語
  • 一般書

アプリ版やり直し英語 1日1問!

親子で辞書テク