石山宏一の新語ウォッチング

いまいちばんホットな英語の新語を、皆様にいちはやくお届けします!

桐蔭横浜大学客員教授 石山宏一
石山先生のプロフィール  
<第118回> Updated May 11, 2015 更新日:2015年5月11日

今月の新語ファイル

英和編 athleisure アスレジャー

これは久しぶりのファッション業界の最新語。athleisure(発音はカタカナ読みで「アスリージャー」)とは、athletics(運動、アスレチックス)と leisure(レジャー、休暇)を組み合せた合成語で、「普段は競技や運動時に着るヨガパンツ等のアクティブウェア(スポーツウェア)をレジャー時にも着るウェアを指し、昨年からニューヨーク等に住む女性に爆発的にその需要が伸びている現象」を指す新語(注1)。日本では「アスレジャー」と呼ばれ、主に形容詞あるいは名詞として使用されている。この新語は2014年初頭から米国の大都市で流行したが、最初はその流行地域が限定され広まらなかった。しかし、昨年後半になって英国の『フィナンシャル・タイムズ』や米国のUSA TODAY等の主流メディアも取り上げるようになったため、全世界に広まった(注2)。

この新語が造語された発端は、米大都市の女性が以前よりも、より元気・活発になり、運動着やレジャー服を普段着として着るようになったからである。つまり、普段着として今までよりリラックスしたウェアで、例えばデニムよりもレギンズ (leggings) を愛用するというような具合である(注3)。この「アスレジャー」の台頭により、英国のバークレイズ(銀行)は、2020年には米国スポーツ衣料市場が、現在よりも5割近く伸び、1千億ドルに達すると予測しているとのこと(注4)。ファッション業界も時代は激変している。

athleisure の邦訳語であるが、色々調べた結果、上記のように直訳語「アスレジャー」を最適訳語とした(注5)。英語の発音表記の「アスリージャー」は日本語表記にはなじまないと判断し採用しなかった。また、意訳して「アスリート・レジャー兼用服」も考えたが、「アスレジャー」の方がパンチ力があると結論した。この新語はファッション業界のアパレル分野でもうすでに最新有力分野になっているので、この訳語に問題はないであろう。

[用例1]としては Financial Times (print) が"'Athleisure' knocks denim out of its stride" と見出しをつけた記事で、"...The popularity of so-called "athleisure" wear, a moniker combining athletics and leisure, is soaring in North America...." (注6)と引用していた。また[用例2]としては、USA TODAY が"...Sales for "athleisure," a new clothing category embodied by retailer Lululemon's sleek yoga leggings and upscale sweatpants, have soared this year, while sales for traditional women's clothing lag. Retailer have scrambled to get a piece of the comfy-casual-athletic action..."としていた(注7)。[用例3]としては、 The Washington Post (online) が“...Once activewear, or athleisure wear, as it has been called, moved out of the gym and onto the streets, it meant that everyone from Nike to Athleta were dressing women like warriors--even if those women were just picking up the dry cleaning..."としていた(注8)。

注1) 上記[用例1][用例2][用例3]参照。また、『日本経済新聞』(紙版)2015年2月2日電子版、「アスレジャー (Athleisure)」参照
(http://www.nikkei.com/money/investment/toushiyougo.aspx?g=DGXLASFZ29H01_02022015K10600)。なお、本コラムの執筆にあたっては、日本メディア英語学会第119回新語・語法研究分科会(2015年1月10日開催)での小池温会員の発表を参考にした。彼は筆者が見つけた上記の『フィナンシャル・タイムズ』の記事を同時に発見していた。ここに記して感謝したい。
注2) 上記[用例1][用例2][用例3]参照。
注3) 上記『日本経済新聞』記事参照。レギンズ (leggings) とは別名「スパッツ (spats)」ともいい、脚にピタッとフィットするパンツのこと(『現代用語の基礎知識2015』(紙版)(自由国民社、2014年刊)1001頁「レギンズ」、1292頁「スパッツ」参照。
注4) 上記『日本経済新聞』記事参照。
注5) 日本最大で最新のオンライン辞典の「英辞郎」(アルク社)(無料)とWeblio(ウェブリオ社)(無料)には「athleisure」の項目はなかった(両方とも2015年5月8日時点)。もちろん、市井の紙版の英和辞典には同項目はない。
注6) Financial Times (print), Nov. 8-9, 2014, p. 13, "'Athleisure' knocks denim out of its stride"
注7) USA Today (online), Dec. 23, 2014, "Retailers rush to tap Millennial‘athleisure' market"
(http://www.usatoday.com/story/money/2014/12/23/athleisure-activewearshopping-holiday/19616825) (Seen on May 8, 2015).
注8) The Washington Post (online), Jan. 2, 2015, "Style Blog: New Year's resolution wear: Workout clothes for the sweat-averse"
http://www.washingtonpost.com/blogs/style-blog/wp/2015/01/02/new-years-resolution-wear-workout-clothes-for-the-sweat-averse/ (Seen on May 8, 2015).




本を探す

Google

サイト内 Web全体

Category(書籍カテゴリー)

  • 英語

    • 英和・和英辞典
    • その他英語辞典
    • 図解辞典
    • TOEIC
    • 英単語
    • 児童英語
    • コーパス
    • 英語学習法
    • その他語学書
  • 中国語

    • 辞典
    • 語学書
  • 韓国・朝鮮語
  • イタリア語
  • フランス語
  • ドイツ語
  • スペイン語
  • ポルトガル語
  • ロシア語
  • アラビア語
  • タイ語
  • その他の言語
  • 一般書

アプリ版やり直し英語 1日1問!

親子で辞書テク