石山宏一の新語ウォッチング

いまいちばんホットな英語の新語を、皆様にいちはやくお届けします!

桐蔭横浜大学客員教授 石山宏一
石山先生のプロフィール  
<第135回> Updated October 3, 2016 更新日:2016年10月3日

今月の新語ファイル

和英編 モバイル係数 mobile coefficient

モバイル係数(けいすう)」とは家計支出に占める食費の割合を示す「エンゲル係数」になぞらえて日本で作った造語で、「家計支出に占めるスマートフォン(スマホ)等の携帯電話(ケータイ)の料金の割合」を指す新語(注1)。この見慣れない言葉は14年前に日本の総務省によって造語されたが、その当時は広まらなかった。しかし、最近になってスマホの普及率がケータイ保有者の6割(1億台)を突破し(注2)、日本経済新聞等の主流マスコミも扱い、またその英訳語も定訳がないため取り上げた。類語として「ケータイ係数」(詳細後述)がある。

最近の総務省の家計調査によると、その「モバイル係数」が2002年の2%弱から2015年には倍増して4%を突破した(注3)。また、携帯電話の2015年の保有台数は人口の1人あたり1.2台に上った。そして、2人以上の働く世帯の携帯料金の負担は15年で月1万3千円となり、統計がある02年と比べると倍増している。この数字は同期間に所得低迷で消費支出が5%減少したのと比べると、対照的である。これからスマホの普及がさらに増加するので、世帯の通信料金がさらに増えるのは必至である。

こうした「モバイル係数」の上昇しているなかで、政府は個人消費が低迷するなかで家計を圧迫するようになったケータイ料金を引き下げようと必死になっている。読者もすでにご存じの如く、日本の通信業界は「実質ゼロ円販売」のスローガンのもとで、スマホを販売する際に向こう2年間のネット通信契約をすると、その代わりにスマホ本体代金をゼロとしてきた。政府はこの値引きをやめさせようと、今年4月高市早苗総務相がNTTドコモとソフトバンクにケータイの「実質ゼロ円販売」をやめるように求めた(注4)。しかし、通信業界はこの要請には曖昧な態度をとっている。これは非常に重要で、喫緊の課題である。

モバイル係数」の英訳語であるが、色々調べたが適切な訳語が無かったので、例によって友人の英米人記者と相談した結果、直訳の mobile coefficient が最適訳語となった(注5)。これは日本独特の言い方なので英米には存在しないため、訳語はないと思われる。ちなみに「エンゲル係数」はEngel's coefficient と訳出されている。類語の「ケータイ係数」とは「モバイル係数」と同義語で上記と同じmobile coefficientと訳せよう。訳例は見つからなかったので、下記の訳例は「エンゲル係数」(Engel's coefficient)のもので、The Japan Times が“Engel's coefficient rising in Japan" と題した記事で “...Thus Engel's coefficient--the proportion of money spent on food in household expenses--is seen as an indicator of a nation's standard of living...” と書き、Engel's coefficient を使っていた(注6)。

注1) 日本経済新聞(紙版)2016年5月2日、5面「エコノフォーカス/『モバイル係数』係数4%超、家計圧迫/携帯料金下げ消費追い風?」参照。猶、同じ日経記事の一部がネットで見られる(http://www.nikkei.com/article/DGXLZO00308940R00C16A5NN1000/) (Seen on Sept. 27, 2016) 。また日本で現在唯一の紙版新語事典の「現代用語の基礎知識2016」(自由国民社2015年刊)や最大のオンライン百科辞典「Japan Knowledge」には「モバイル係数」の項目はなかった。
注2) 総務省27年版情報通信白書(オンライン版)、「インターネットの普及状況」(http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h27/html/nc372110.html) (Seen on Sept. 27, 2016)
注3) 上記の日経記事参照。
注4) 同上。
注5) 最新オンライン辞典の「英辞郎」(アルク)と Weblio には「モバイル係数」の項目は無かった(2016年9月27日時点)
注6) Financial Times (print), Aug. 24, 1916, p.4, “Gig economy poses benefits challenge”
注7) The Japan Times (online), Aug. 27, 2016, “Editorial:“Engel's coefficient rising in Japan” (http://www.japantimes.co.jp/opinion/2016/08/21/editorials/engels-coefficient-rising-japan/) (Seen on Sept. 27, 2016)



本を探す

Google

サイト内 Web全体

Category(書籍カテゴリー)

  • 英語

    • 英和・和英辞典
    • その他英語辞典
    • 図解辞典
    • TOEIC
    • 英単語
    • 児童英語
    • コーパス
    • 英語学習法
    • その他語学書
  • 中国語

    • 辞典
    • 語学書
  • 韓国・朝鮮語
  • イタリア語
  • フランス語
  • ドイツ語
  • スペイン語
  • ポルトガル語
  • ロシア語
  • アラビア語
  • タイ語
  • その他の言語
  • 一般書

アプリ版やり直し英語 1日1問!

親子で辞書テク