石山宏一の新語ウォッチング

いまいちばんホットな英語の新語を、皆様にいちはやくお届けします!

ジャーナリスト 石山宏一
石山先生のプロフィール  
<第155回> Updated June 4, 2018 更新日:2018年6月4日

今月の新語ファイル

英和編 vlogger ビロガー

vlogger(発音は「ビロガー」)とは video(ビデオ、動画)と blogger(ブロガー)の合成語で「主に日常生活や自分の関心事等を撮影した動画でブログを作成する人」を指す新語(注1)。bloggerとは「ブログ(blog)作成者」のことで、「ブログ」とは「インターネット上で日記、メモ、覚書、論評等を記するウエブサイト(あるいは単にサイト)」を指す示し、個別記事は「blog entry(ブログエントリー)」と呼ばれる。つまり vlogger とはそのブログに記事の代わりに動画を主に掲載し、そこにその動画の説明や写真等に metadata とよばれる他のデータを載せている人を表す。この新語は2000年に Adam Kontras という米国人が作成した動画を自分のブログに掲載した時にネットで初めて造語され、その後2005年に今を時めく video blog-sharing site(動画共有サイト)の YouTube(ユーチューブ)が創立されてから世界の多くの地域に広まったが、その影響力は限定的であった。しかし、最近になってこの vlogger の発する動画が各種報道のニュース源になったため、Financial Times等の主要メディアでも載り世界に広まった(注2)。

つまり、最初はテキストで情報を発信する blogger(ブロガー)が主流であったが、その次に写真で伝える instagramer(インスタグラマー)となり、現在では動画で伝える vlogger が大変な人気となったわけである。そして、その vlogger が大活躍する YouTube の影響力は目を見張るものがある。2017年2月の時点で、YouTube(現在はGoogleの傘下)には毎分400時間のコンテンツがアップされ、毎日10億(!)時間以上のコンテンツが全世界で視聴されている。また同じく2017年2月には世界で視聴されているネットサイト(推定12億サイト)の中で YouTube はなんと第2位にランクされている。一語でいうと、世界はこの YouTube を作っている vlogger の影響を大いに受けているのである。

この vlogger の隆盛の背景には主に2つの理由があり、それは➀動画技術力の急速な発展と➁飛躍的に伸びた収益力(稼ぐ力)がある。第一の技術力であるが、その画像の鮮明度が過去10年で指数関数的(exponentially)に伸び、2016年時点で解像度が一画像につき7680×4320ピクセル(最初は320×240ピクセル)になっている。またlive streaming(ライブストリーミング(リアルタイム再生技術)や3D videos(3D動画)、そして360-degree videos(360度動画)も可能になっている。

第2にvloggersの収益力であるが、その収入源はそのサイトに貼られた広告である。つまり閲覧者がその広告をクリックしたり、その商品を購入したりすると配信者に紹介料が入る仕組みになっている。その収益力は作った動画数と視聴者の数にもよるが、一週間で数時間働いて300~400動画を作成し年収が2500~5000ドル(27~55万円)になるという。豪傑になると年間3000以上の動画を作成し、年収325,000ドル(3630万円)にも達している(注3)。vlogger として圧倒的に有名な人の例として挙げられるのがビューティー系 Zoella で、その視聴者登録者数はなんと1,100万人を超えている(注4)。10年前には夢想だにしなかった時代である。

vlogger の邦訳語であるが、いろいろ調べた結果、筆者の創造訳で恐縮するが、上記の直訳のカタカナ語「ビロガー」を適訳語とした(注5)。「ビロガー」の最初の文字「ビ」を「ウ」の濁音「ヴ」にしてもよい。意訳の「動画ブログ作成者」も訳語として考えたが、日本語としてダサいし英語のニュアンスが出ていないので今回は採用しなかった。残念ながら、「ビロガー」の訳例はなかった。

[用例1]としては Financial Times (print) が“Tesla slides 8% after Musk’s dismissal of ‘bonehead’ analysts triggered concern”と題した記事で、“…said Galileo Russell, the vlogger who monopolizes much of Tesla boss’s attention. “Part of the stock being down is because the Wall Street is pissed, it got disrupted.”として“vlogger”を使用(注6)。

[用例2]としては HuffPost (online)(2017年4月に The Huffington Post から改称)が“Entertainment/Logan Paul ‘Dead Body’ Video Spurs Thousands To Petition To Get Him Off YouTube”と題した記事で、“…Multiple petitions call for YouTube to ban Paul from the platform, citing the vlogger’s disrespect of Japan and its culture…”して“vlogger”を使っていた(注7)。

注1) 上記[用例1][用例2」]参照。Also See Wikipedia (online), “Blog” (https://en.wikipedia.org/wiki/Blog) and Wikipedia (online), ‘Vlog’ (https://en.wikipedia.org/wiki/Vlog) and Wikipedia (online), “YouTube” (https://en.wikipedia.org/wiki/YouTube). videoの邦訳語として「(ビデオテープや記録メディアに録画された作品としての)ビデオ、(スマートフォン(スマホ)やデジカメで撮影された)動画」の他に「(テレビや映画・舞台での)映像、録画」があるが、今回のコラムは主にYouTube等のvideoを対象にしたため「動画」の訳語を使わせてもらった。
注2) 記[用例1][用例2]。Also see Financial Times (print), May 4, 2018, p. 11, “Tesla slides 8% after Musk’s dismissal of ‘bonehead’ analysts triggered concern”.
注3) See Wikipedia (online), “YouTube” (https://en.wikipedia.org/wiki/YouTube) and Quora.com (online), “How do YouTubers make money with their daily vlogs? How much does the average YouTuber make per year?” (https://www.quora.com/How-do-YouTubers-make-money-with-their-daily-vlogs-How-much-does-the-average-YouTuber-make-per-year)
注4) See Compass Media(online), “What is vlogger” (https://compass-media.tokyo/what_is_vlogger/).
注5) 最新オンライン辞典の 「英辞郎」(アルク)には vlogger の訳語として「ビデオブログ作成者」を掲げ、同辞典の Weblio には Wiktionary の英語の説明を挙げ、訳語は掲載していなかった(2018年5月22日時点)。市販の日本の紙版の英和辞典には勿論、同項目は無い。
注6) Financial Times (print), May 4, 2018, p. 11, “Tesla slides 8% after Musk’s dismissal of ‘bonehead’ analysts triggered concern”.
注7) HuffPost (online), Jan. 5, 2018, “Entertainment/Logan Paul ‘Dead Body’ Video Spurs Thousands To Petition To Get Him Off YouTube” (https://www.huffingtonpost.com/entry/logan-paul-dead-body-petition_us_5a4f97bee4b089e14dba6cd7) (Seen on May 22, 2018).




本を探す

Google

サイト内 Web全体

Category(書籍カテゴリー)

  • 英語

    • 英和・和英辞典
    • その他英語辞典
    • 図解辞典
    • TOEIC
    • 英単語
    • 児童英語
    • コーパス
    • 英語学習法
    • その他語学書
  • 中国語

    • 辞典
    • 語学書
  • 韓国・朝鮮語
  • イタリア語
  • フランス語
  • ドイツ語
  • スペイン語
  • ポルトガル語
  • ロシア語
  • アラビア語
  • タイ語
  • その他の言語
  • 一般書

アプリ版やり直し英語 1日1問!

親子で辞書テク