石山宏一の新語ウォッチング

いまいちばんホットな英語の新語を、皆様にいちはやくお届けします!

ジャーナリスト 石山宏一
石山先生のプロフィール  
<第171回> Updated October 7, 2019 更新日:2019年10月7日

今月の新語ファイル

英和編bitmoji ビット文字

bitmoji(発音は「ビット・モジ」)とは bit(ビット=コンピューターの情報量の最小デジタル単位)と moji(文字)の合成語で「英語になったemoji(絵文字)の派生語で、メールやSNS(Facebook等ソーシャルメディア)で現在爆発的に使われているデジタル化された自分個人の漫画的アバター(avatar=化身)絵文字」を指すコンピューター分野の新語(注1)。この新語は最初、2014年にカナダの Bitstrips(ビットストリップス)社が考案したものでメール等で自分自身のアバターを作成できるアプリであったが、当時同業界以上には広まらなかった。しかし、その後2016年にアプリ大手の Snap Inc. が同社を買収しキャンペーンを展開するとミレ二アル世代(1989~1995年(平成初期)に生まれた世代)に大いに受け、最近になって特に同世代の就職活動(就活)にも活用されると、米国の The Wall Street Journal 等や他の欧州・アジアのマスコミが大々的に報道し、世界的に広まった(注2)。

最近の報道によると、bitmoji が爆発的に流行し始めた理由は特に英米のミレニアル世代(生来コンピューターがある世代)が就活の履歴書(resume)に添付する自分の写真の代わりに bitmoji を使い始めたことにある。つまり、最近数年間で英米の履歴書は本当に bitmoji により革命的変身を遂げた。昔は日本や英米でも単に自分のモノクロ(白黒)の写真を貼り、名前、住所、連絡先、学歴、職歴、資格等をA4サイズ一枚で作成し、就職先に持参あるいは送付しただけであった。それが、現在では同世代は履歴書の自分のモノクロ写真の代わりにカラーの漫画的 bitmoji を使い、また他の箇所でも他のアプリを使って非常にカラフルなイラストにして、あたかも写真共有アプリのインスタグラム(Instagram)や出会い系アプリの大手ティンダー(Tinder)の画面そっくりとなった。そして、その履歴書のほとんどは現在就職先に添付つきのメールで送付されている(注3)。就職先、特に新興の企業(startups)もこの新規の履歴書を歓迎しており、また bitmoji は履歴書の作成だけでなく、他の用途(個人間のメールの交換やSNS等)にも使用されている。本当に時代は変わりつつある!

bitmoji の邦訳語であるが、いろいろ調べた結果、直訳のカタカナ語訳「ビット文字」を適訳語とした(注4)。「個人的アバター絵文字」も訳語として考えたが、日本語のニュアンスが弱いし、インパクトに欠けると思い採用しなかった。また、この[訳例]をくまなく探したが見つけだすことは出来なかった。

[用例1]としては The Wall Street Journal (print) が “Resumes Are Starting to Look Like Instagram and Tinder; Gen Z job applicants add photos and illustrations; ‘there’s a freaking bitmoji’” と題した社説で、“…Some add bitmojis, the personalized avatars used in text messages and on social media…”として “bitmoji” を使っていた(注5)。

[用例2]としては The New York Times (online) が “My Bitmoji, My Better Self”と題した記事で、“My Bitmjoji looks exactly like me, only adorable…” として “Bitmoji” を使用(注6)。

[用例3]としては Wikipedia (online) が “Bitstrips”と題した記事で、“…In 2014. Bitscripts launched a spin-off app known as Bitmoji, which allows users to create personalized stickers for use in messaging apps…”として “Bitmoji”を使っていた(注7)。

注1) 上記[用例1][用例2」「用例3」(ここでは引用されていない)参照。上記の記事中では著作権の関係で bitmoji の典型例を掲載できなかったが、以下のリンク先(https://www.bitmoji.com/) を参照して、その典型例をみてほしい。なお、「絵文字」は現在そのまま英語で emoji というが、文字を使って作った顔文字は emoticon と訳されている。
注2) 上記[用例1][用例2」「用例3」(ここでは引用されていない)参照。
注3) The Wall Street Journal (print), August 15, 2019, p.A1, “Resumes Are Starting to Look Like Instagram and Tinder; Gen Z job applicants add photos and illustrations; ‘there’s a freaking bitmoji’”
注4) 最新オンラインン辞典の Weblio と「英辞郎」(アルク)には bitmoji の項目そのものが無かった(2019年9月30日時点)。市販の日本の紙版の英和辞典には勿論、同項目は無い。
注5) 上記の The Wall Street Journal (print) 記事参照。
注6) The New York Times (online), Oct. 2, 2015, “My Bitmoji, My Better Self” (https://www.nytimes.com/2015/10/04/fashion/my-bitmoji-my-better-self.html) (Seen on Sept. 30, 2019).
注7) Wikipeida (online) , “Bitstrips” (https://en.wikipedia.org/wiki/Bitstrips) (Seen on Sept. 30, 2019).




本を探す

Google

サイト内 Web全体

Category(書籍カテゴリー)

  • 英語

    • 英和・和英辞典
    • その他英語辞典
    • 図解辞典
    • TOEIC
    • 英単語
    • 児童英語
    • コーパス
    • 英語学習法
    • その他語学書
  • 中国語

    • 辞典
    • 語学書
  • 韓国・朝鮮語
  • イタリア語
  • フランス語
  • ドイツ語
  • スペイン語
  • ポルトガル語
  • ロシア語
  • アラビア語
  • タイ語
  • その他の言語
  • 一般書

アプリ版やり直し英語 1日1問!

親子で辞書テク